11月のY♡SEコンです♪

1126日(木)15:15開場
15:45 Trio B:野村明日夏(Ob)&岩井遥(Cl)&三吉彩生(Fg)
16:45 安藤玲奈(Pf)&光本眞理(朗読)
中入り−17:3018:30−
18:30 Regalo:丹羽和子(Ms)&新屋千夏(Pf)
19:30 丸尾晃久(Pf)&濱地翼早(Hr)&稲熊佐江子(Pf)

☆発売中☆
【料金】1回券¥1,5000 1日通し券¥3,500
お申込み&ご予約「1回券」:各ご出演者,市内各プレイガイド,()ミュージック・ステーション
MSC
会員のみ¥2,000は¥500引き

【主催】Y♡SEコン実行委員会
【お問い合わせ】(株)ミュージック・ステーション
Tel.052-734-3461 Fax.052-734-3462
music-station@road.ocn.ne.jp

 

15:45 Trio B:野村明日夏(オーボエ)&岩井遥(クラリネット)&三吉彩生(ファゴット)
《プログラム》
 イベール/トリオのための5つの小品

 モーツァルト/きらきら星変奏曲

 フランセ/ディヴェルティスマン

 オーリック/トリオ

 

《メッセージ》
オーボエ、クラリネット、ファゴットからなる編成には特別に「トリオダンシュ」という名がつけられています。ダンシュとはリードという意味で、実はこの編成3本ともリード楽器で成り立っているんです!

そんなトリオダンシュで奏でる木の温かな響きで、日頃の疲れを忘れるような癒しの空間をお届けいたします!

 

《プロフィール》Trio B(トリオ ベー)

〈野村 明日夏 オーボエ〉

愛知県愛知郡東郷町出身。愛知県立千種高校普通科を経て、愛知県立芸術大学を卒業。現在、東京藝術大学別科修了。

16回大阪国際音楽コンクール管楽器部門Age-U入選。また学内オーディションによって選抜された『室内楽の夕べ2016』や『木管金管室内楽の夕べ』、第5回ドルチェ楽器デビューコンサート in名古屋に出演。またエリック・スペレール、モーリス・ブルグ、ハンスイェルク・シェレンベルガーの各氏のマスタークラスを受講。

これまでにオーボエを浦丈彦、新田祐子、和久井仁、岡北斗、小畑善昭の各氏に師事。

現在、東京と愛知を中心に活動し、後進の指導にもあたっている。

〈岩井 遥 クラリネット〉

岐阜県各務原市出身。岐阜県立加納高等学校音楽科を経て、愛知県立芸術大学音楽学部を卒業。第26回名古屋クラリネットソロコンテストにおいて最優秀賞及びグランプリ受賞。岐阜県立加納高校音楽科卒業優秀者に贈られる第13回ダンテ伊藤賞受賞。同大学主催の学内選抜オーディションによる室内楽の楽しみ、第40回読売中部新人演奏会、第19回岐阜市新進演奏家コンサートに出演。これまでにクラリネットを朝田文子、原田綾子、伊藤圭の各氏に師事。

現在、愛知・岐阜で吹奏楽、オーケストラ、アンサンブルなど幅広い分野で活動する傍ら、後進の指導にもあたっている。

〈三吉 彩生 ファゴット〉

広島県広島市出身。広島市立美鈴が丘高等学校を経て、愛知県立芸術大学音楽学部を卒業。大学在学中、選抜メンバーによる「室内楽の楽しみ」に出演。 39回広島新人演奏会、第6回ドルチェ楽器デビューコンサートに出演。第19回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門 入選。フランク・フォルスト、ダビット・ザイデル、リッカルド・テルツォ各氏のマスタークラスを受講。これまでにファゴットを徳久英樹、青谷良明の各氏に師事。

現在、愛知県で吹奏楽、オーケストラ、アンサンブルなど幅広い分野で活動する傍ら、後進の指導にもあたっている。

 

16:45 安藤玲奈(ピアノ)&光本眞理(朗読)

《プログラム》

 朗読:サン=テグジュベリー/星の王子様(絵本版)

 ピアノ:ドビュッシー/夢、アラベスク、亜麻色の髪の乙女、前奏曲集1巻より、子供の領分より

 ほか

 

《メッセージ》

フランスの飛行士で作家のサン=テグジュペリーによる「星の王子様」の絵本版の朗読をフランス音楽の色彩の魔術師といわれるドビュッシーのピアノの小品やお馴染みの名曲で色付けしてお届けします。長く世界中で愛される名作をやさしい語り口で聞いてみると、心の中で大切にしたい宝物のような発見があるはずです。

「大切なものは目に見えない」~このご時世に、この素敵な物語とお洒落なドビュッシーの音楽の色彩で癒されてください。

 

《プロフィール》

安藤 玲奈(ピアノ)

名古屋生まれ。幼少の頃よりピアノ、ヴァイオリンを始める。

大口光子氏の指導を受け、名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業後18歳の時、中学より憧れていたドイツへ渡る。

ジャズからクラシックに転向した異色の世界的ピアニスト、キリル・ガーシュタインに出会い、

2009年よりドイツ国立シュツットガルト音楽演劇大学で研修を積む。

室内楽の名手、フローリアン・ヴィークにも学び、BachelorMaster課程をいずれも最優秀成績で卒業。

学内のピアノ科アシスタントとして指導に携わったり、副科ではジャズを学び、アレクサンダーテクニックなどボディワークにも取り組む。

様々な国内外のソロ・古楽器・アンサンブルの講習会に奨学金を得て参加し、特にフランスの名手ジャン=クロード・ペンティエ氏や橋本京子氏から影響を受ける。国内のコンクールやニース国際ピアノコンクールで第一位、イスキア国際ピアノコンクールで第三位等を受賞し、各地で演奏した。

近年では2017年山田貞夫音楽財団賞・特賞に選ばれセントラル愛知交響楽団と共演、

2018年、日本演奏連盟主催新進演奏家シリーズでソロリサイタルに出演するなど伴奏や演奏活動をし、

主宰教室ではプロアマ問わず多くの人に、留学で培った新鮮な音楽経験がもとになっている面白く楽しいクラシック音楽演奏を実践できるレッスンをし、広めている。 reinaando.comhttps://fluegel-klavier.info

光本 眞理(朗読)

幼いころから洋画・アニメの吹き替えの声に憧れ、高校時代より俳優研究所のレッスンを受講。大学在学中にオーディションに合格し、TV情報番組アシスタントとしてレギュラー出演。

大学卒業後はソフト制作会社にてテレビ・ラジオのCMナレーションから企業の施設見学映像・官公庁の施設・プラネタリウムの教育番組など、様々な作品のナレーションからアミューズメント・観光施設の声の案内まで多数担当。どこかでお耳にかかっているかもしれません。

その後独立。現在は司会・朗読の声の仕事と同時に全国で人材育成に活動中。カルチャーセンター・生涯学習、大学・専門学校での就職対策、転職者・管理職向セミナー、新人研修、電話応対コンクール出場者研修など、細やかなオーダーメイドの研修を提供。各地での講演も多数。

日本話しことば協会認定講師・企業電話応対コンテスト審査員講師。日本伝統の話芸「講談」を修行中。今年の春には仲間と共に大須演芸場の高座も体験しました。

本日のコンサートでは、演奏者のアシスト役として、お客様の鑑賞のご案内役として寄り添いたいと思っています。

 

18:30 Regalo:丹羽和子(メゾソプラノ)&新屋千夏(ピアノ)

《プログラム》

 シューベルト/ます、音楽に寄せて

 ブラームス/ジプシーの歌

 ショパン/願い

 ショパン=リスト/乙女の願い

 ほか

 

《メッセージ》

はじめまして。

私達Regalo(レガーロ)は2009年に結成、当時私達は子育て真っ最中でした。

小牧市を中心に愛知県内外で演奏、気が付けば11年の月日が経ち、子供達もすっかり大人になってしまいました!!

今回はクラシカルに、でもちょっぴりRegaloならではの、ほのぼのとした雰囲気の中で、皆さんとロマン派の音楽に浸っていきたいと思います。

 

《プロフィール》Regalo(レガーロ)

2009年に結成。これまでに、サンデーコンサート、ロビーコンサート、児童館、幼稚園、イベントコンサートなど、多数のコンサートに出演。クラシック曲はもちろん、童謡・唱歌や、オリジナル曲にのせた絵本の朗読なども行っている

(絵本「ちいさな あなたへ」、音楽紙芝居「モーツァルト」「ショパン」など)

2015年にはマリンバをプラスした「Piacere」(ピアチェーレ)を結成し、さらに活動の場を広げている。また、こまき市民文化財団の「ポルタメント小牧」会員であり、役員を務めるなど、地域の文化活動も行っている。

丹羽 和子(メゾ・ソプラノ)

桐朋学園大学音楽学部声楽科卒業。同大学研究科終了。大島幾雄、中田淳子の各氏に師事。小牧市サンデーコンサート等において、中部フィルハーモニー交響楽団員と共演。又、自宅にて声楽教室、小中学校での合唱指導など、後進の指導にも力を入れている。桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」名古屋教室非常勤講師。

新屋 千夏(ピアノ)

名古屋市立菊里高校音楽科を経て、愛知県立芸術大学器楽科(ピアノ)卒業。大口光子、大堀敦子、水本雄三の各氏に師事。器楽、声楽、室内楽、合唱団などのピアニストとして多数のコンサートに出演。又、幼児の音楽教育「プレ・ピアノ教室」を考案、生徒を各ピアノ・コンクールに入賞させるなど、後進の指導にも力を入れている。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)会員。HP「音楽の宝箱 ピアノ」展開中

 

19:30 丸尾晃久(ピアノ)&濱地翼早(ホルン)&稲熊佐江子(ピアノ)

《プログラム》

 ショパン/ピアノ協奏曲第2番 第2楽章、バラード第4番(丸尾ソロ)

 ラフマニノフ/楽興の時よりNo.3.4、前奏曲「鐘」(稲熊ソロ)

 イウェイゼン/ホルンとピアノのためのソナタ(濱地&丸尾 )

 

《メッセージ》

名古屋で活動中のピアニスト稲熊佐江子がYSEコン初登場です。
関西から新進気鋭の若手イケメン演奏家を連れて来てコラボします
こてこて関西人パワーに味噌パワーで対抗!濃厚な仕上がりに!?
ピアノの丸尾さんはピアノの詩人ショパンを繊細かつダイナミックに。そのショパンから影響受けたロシアの作曲家ラフマニノフの叙情深い楽曲を私が情熱的に演奏いたします。さらにつばさくんのホルンの深い音色でイウェイゼンのコンテンポリーでありながら、どこかノスタルジーを感じる音楽にどっぷり浸ってください!!
是非是非ご来場お待ちしています♡

 

《プロフィール》

丸尾 晃久(ピアノ)

大阪夕陽丘学園高等学校音楽コースを経て、徳島文理大学音楽学部を首席で卒業、併せて平成27年度卒業演奏会にて優秀卒業演奏賞を受賞。2012年徳島文理大学よりInternationale Sommer Akademie 2012inWien奨学金給付者に選出され、A.クユムジャン、P.ナジーの各氏に師事。 その後ウィーン国立音楽大学にてV.アントイネッテ氏に師事。 これまでにピアノを横井俊道、増本吉子、笠原咸子、笠原純子、G.マリオッティ、P.エフラー、B.パルツ、C.ヒンターヒューバー、V.アントイネッテの各氏に師事。アレクサンダーテクニークをL.ロレンツィ氏に師事。 第8回ショパンの会コンクール奨励賞、第10回高槻ピアノコンクール優秀賞、第5回徳島音楽コンクール銅賞、第16回堺ピアノコンクール金賞、2015年度Prof.ディヒラーコンクールinWienにてピアノ最高位、総合第2位入賞を果たす。 ウィーン国立音楽大学夏期講習会マスターコースinWienを受講し、G.マリオッティ氏に師事。徳島文理大学ウィーン国立音楽大学夏期講習会を受講し、P.エフラー氏に師事。 2015年大阪倶楽部にてデビューリサイタルを開催。IMAマエストロATC京都推薦コンサートに出演。ヒルトンアトリウムコンサートに出演。 2018年京都府舞鶴市赤レンガパーク主催 ファミリーDAYコンサートに招待され、ソロリサイタルを開催。 2018MusicaCeleste主催 チャールダーシュの女王、岡山県復興事業コンサートにコレペティトールまたピアノ伴奏として出演。 2018年より みずほコーラス ピアノ伴奏者を務める。 徳島交響楽団とTOYOTAプレゼンツ・ニューイヤーコンサートにて共演。徳島文理OBオーケストラと定期演奏会にて共演。 徳島文理大学音楽学部よりソリスト選抜され、林俊昭指揮・徳島文理管弦楽団とむらさきホールにて協演。 熊本城復興チャリティーコンサートにて静間佳佑指揮・セレーノチェンバーオーケストラとザ・シンフォニーホールにて協演。 ウクライナにて開催、リビュウ国際音楽フェスティバル「Virtuosi」にソリスト選抜され、守山俊吾指揮・Lviv“Virtuosi”Chamber Orchestraと協演。 今年1月には守山俊吾指揮・シンフォニアアルシスOSAKAとザ・シンフォニーホールにてラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲第2番を協演し大好評を得る。 現在MMA KONZERT主宰として、後進の指導にもあたっている。

 

濱地 翼早(ホルン)

大阪府豊中市出身。 14歳からホルンを始め、その頃からチューバ奏者である父の手ほどきを受ける。 ホルンを永井孝治氏に師事。 現在、フリーランスホルン奏者。

 

稲熊佐江子(ピアノ)

名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。同大学卒業演奏会に出演。同大学研究科修士課程修了。名古屋市文化振興事業団主催「第21回新進演奏家紹介オーディション」にて、優秀賞受賞。テレビ愛知主催「New Artist Classic Stage」、アルマ21世紀コンサート、アリエッタフレスカピアノコンサート、武満徹没後10年メモリアルコンサート、ディーナ・ヨッフェクラスコンサートなど数多くのコンサートに出演。カナダのセント・ジョーン弦楽四重奏団や、セントラル愛知交響楽団など数多くのオーケストラと共演。2013.2018.電気文化会館にてソロリサイタル開催。

これまでに、故片岡有美子、定行和子、故小津恒子、佐野翠、故ヘンリエッタ・ミルヴィス、故田辺緑、ディーナ・ヨッフェ、赤松林太郎の各氏に師事。

現在、名古屋柳城短期大学非常勤講師。最近ではサロン文化に注目し、食卓芸術や歴史講座とのコラボ企画にも招かれ演奏している。