1月のY♡SEコンです♪

1月28日(木)15:15開場 ★新年“初”のY♡SEコン★
①15:45~  
令和トリオ:水野修平(Pf)&出宮寛之(B)&山崎隼(Dr)
②16:45~ 
Tcellos:高木良(Vc)&高木俊彰(Vc)
  中入り-17:30~18:30-
③18:30~  Trio NINA:加川由梨(Vn)&宮田和実(Vn)&江野藍子(Pf)
④19:30~ 
Dance Company JAZZcolle.

☆発売中☆
【料金】¥1,500 ☆4組全ての公演が聴けます!☆
お申込み&ご予約/各ご出演者,市内各プレイガイド,(株)ミュージック・ステーション
★MSC会員は¥500引き

【主催】Y♡SEコン実行委員会
【お問い合わせ】(株)ミュージック・ステーション Tel.052-734-3461 Fax.052-734-3462
music-station@road.ocn.ne.jp

 

①15:45~ 令和トリオ:水野修平(Pf)&出宮寛之(B)&山崎隼(Dr)

《プログラム》
 Nagoya Castle
 A way Forward
 Etology
 A Ray Of Hope
 Mint Ice
  ※ All Composed By Shuhei Mizuno
  ※ 順不同、変更有り

《メッセージ》
ストレートアヘッドにスイング、サウンドするジャズピアノトリオです。
リーダーかつ作曲家の水野修平の作品を、世代の異なる3人が一つの音楽にまとめていきます。

《プロフィール》
水野 修平(ピアニスト、作曲家、編曲家)
愛知県刈谷市生まれ。中学生の頃から独学でジャズピアノを弾きだす。18歳の時、現在のC.U.G. Jazz Orchestraのリーダーでもある小濱安浩(Ts)と知り合い、ライブハウスを中心に演奏活動を始める。
大学在学時に原朋直(Tp)大坂昌彦(Ds)クインテットをはじめとした 多くのセッションに加わり、数多くのレコーディングにも参加する。卒業後は、村田浩(Tp)The Bop Bandにも加わり全国的なツアーも開始する。
又、作・編曲家としてもC.U.G. Jazz Orchestraを中心とし、宮間利之 New Hard Jazz Orchestraなど、多くに作品を提供している。’01秋にはC.U.G. Jazz Orchestraにてアメリカ西海岸ツアーを行い、特に自己の楽曲、編曲に対し高い評価を得る。
2005年にソロピアノアルバム「レインボウタッチ」を2015年には「名前はまだないvol.1 2」をリリース。2016年から自己のオリジナル曲のみを演奏する世界的にも稀な「水野修平ビックバンド」を結成し、演奏活動をスタートさせる。名古屋音楽大学非常勤講師。

出宮 寛之(ベース)
1985年神戸市生まれ。13歳からエレキベースを始め、19歳の時ウッドベースに転向する。
大阪音楽大学JAZZ科卒業。在学中は木村知之氏に師事。20歳より本格的にジャズベーシストとしての活動を日本全国を初め海外では韓国、スペイン、またTVなどでも出演を果たす。
2012年に金沢ジャズコンペティションで優勝、平光広太郎トリオ、クインクランツなど様々なバンドでCDをリリースし全国ツアーも行なっている。黒田卓也、広瀬未来、竹下清、グレンザレスキー、宮川純、大坂昌彦、など海外、日本国内の大勢のミュージシャンとの共演を果たし活躍中。

山崎 隼(ドラムス)
2001年愛知県生まれ デキシーランドジャズバンドでトランペットを吹く父の影響で3歳でドラムを叩き始める。
9歳でライブ活動を開始。ラテン音楽に没頭しラテン音楽をVITO氏、ブラジル音楽を石川智氏に師事する。
16歳の時に聴きに行ったジャズのライブに感動し、ジャズドラマーを志す。
高校在学中より頭角を現し、第一線のミュージシャンと共演するなど、活動の幅を広げている。
2020年に高校を卒業し、プロとしての活動をスタートする。現在、地元名古屋のジャズライブハウスを中心にライブ活動をしている。

 

②16:45~Tcellos:高木良(Vc)&高木俊彰(Vc)

《プログラム》
 バリエール/2本のチェロのためのソナタより
 クンマー/スイス民謡の主題による変奏曲
 アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌
 いずみたく/見上げてごらん夜の星を
 マーキュリー/Don’t stop me now
 サン=サーンス/白鳥
 ポッパー/2本のチェロのための組曲より

《メッセージ》
チェリスト高木俊彰、高木良の二人によるチェロ二重奏「Tcellos」がY♡SEコンに初登場です!
クラシックから民謡まで、チェロ二本だけで奏でられる温かく豊かな音色が、会場に響き渡ります。
兄弟デュオならではの息の合った演奏をどうぞお楽しみください。

《プロフィール》
髙木 良(チェロ)
名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。在学中、旧奏楽堂にて木曜コンサートに出演。
京都フランス音楽アカデミーにてフィリップ・ミュレール氏のマスタークラスを、岐阜リスト音楽院マスターコースにてチャバ・オンツァイ氏のマスタークラスを受講。
受講生選抜コンサートに出演。第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞。第12回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第1位及び神戸市長賞。
2014年度(財)地域創造「公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業」島根セッションに参加。現在、The Orchestra Japan チェロ奏者。

髙木 俊彰(チェロ)
名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。卒業時に同声会賞を受賞。在学中、奨学生としてパリ・エコール・ノルマル音楽院にて研鑽を積む。
第3回大阪国際音楽コンクール第3位。第2回ブルクハルト国際音楽コンクール第1位。2013年ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第3位。2014年ドイツのレリンゲン音楽祭に、ヴィブランテトリオとして招聘され好評を博す。
これまでに、室内楽集団アンディアーモのチェリストとしてブラームス室内楽全曲演奏会を完遂させ、2019年度名古屋音楽ペンクラブ賞を受賞。
2020年より室内楽集団レーベインムジークのチェリストとしてフォーレ室内楽全曲演奏会を開始。現在、名古屋市立菊里高等学校音楽科非常勤講師。

 

③18:30~ Trio NINA:加川由梨(Vn)&宮田和実(Vn)&江野藍子(Pf)

《プログラム》
 フンパーディンク/オペラ「ヘンゼルとグレーテル」より 序曲
 A.ピアソラ/「ブエノスアイレスの四季」より「冬」
 モリコーネ・メドレー
 サン=サーンス/「動物の謝肉祭」より「白鳥」
 I.チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」より 抜粋

《メッセージ》
メモリアルイヤーを迎える作曲家を集め、その魅力的な作品をトリオでお届けします。
見た目はSサイズ、キャラクターは異なる私たちの繊細勝パワフルな息の合った演奏をお楽しみ下さい。

《プロフィール》
Trio NINA
2018年、愛知県立芸術大学の卒業生により結成。
2本のヴァイオリンとピアノのトリオで、クラシックやポップスなどジャンルを問わず演奏活動をしている。

加川 由梨(ヴァイオリン)
愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻弦楽器コース卒業。同大学研究科修了。学内選抜オーディションにより「室内楽の夕べ」に出演。第9回ベーテン音楽コンクール弦楽器部門全国大会第3位。マスタークラスや講習会にて、ダナ・ヴラホヴァ、レオニード・ソロコフ、アデラ・フラジネアヌの各氏に指導を受ける。
室内楽において、プラジャーク弦楽四重奏団、シュトイデ弦楽四重奏団の公開レッスンを受講。チェコのプラハにてウィハン弦楽四重奏団メンバーによるレッスンを受講。リゾナーレ室内楽セミナー参加。宗次ホールでのランチタイムコンサートやスイーツタイムコンサート、その他多数のコンサートに出演、リサイタルを開催。
現在、クラシック以外のジャンルにも積極的に取り組み、活動している。これまでにヴァイオリンを吉田美雪、福本泰之、D.ノーラン、深山尚久の各氏に師事。室内楽を桐山建志、白石禮子、福本泰之、百武由紀の各氏に師事。

宮田 和実(ヴァイオリン)
愛知県(岡崎市)出身。4歳よりヴァイオリンを始める。その後、愛知県立芸術大学音楽学部弦楽器コース卒業。学内選抜オーディションにより同大学主催の「室内楽の夕べ」出演。第27回岡崎新人演奏会出演。
これまでに、ヴァイオリンを窪田緑、和波孝禧、福本泰之、各氏に師事。ヴィオラを百武由紀氏に師事。
現在、講師としてヴァイオリン、ヴィオラの指導を中心に、クラッシックに問わず多ジャンルにて東海や関東にてオーケーストラ、室内楽、ポップス、フリー奏者としてイベント演奏等活動中。

江野 藍子(ピアノ)
山口県光市出身。愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻(ピアノコース)卒業。学内選抜オーディションにより「室内楽の楽しみ」に出演。第19回みえ音楽コンクールピアノ部門大学生・一般の部第2位。第18回九州音楽コンクールピアノ部門一般の部金賞及び最優秀賞(最高位)。
2018年ピアノデュオリサイタルを開催。2020年プリマヴェラ合奏団とモーツァルトのピアノ協奏曲を共演。宗次ホールでのランチタイムコンサート、「自衛隊愛知地方協力本部創立記念祝賀会」での祝賀演奏、ディズニー映画『アナと雪の女王』ハンス王子役のミュージカル俳優津田英佑氏とのディナーショーでの共演など、多数のコンサートに出演。
現在東海地区を中心に、ソロ、室内楽、声楽・器楽・合唱伴奏等、各分野で活動する他、後進の指導にもあたる。三重大学教育学部音楽コース演奏助手。
これまでにピアノを布施京子・熊谷恵美子・兼重直文の各氏に師事。

 

④19:30~ Dance Company JAZZcolle.

《プログラム》
 幻想協奏曲 marasy
 Toccata David Garrett
 LUDOVICO EINAUDI
 マシュ・ケ・ナダ   由紀さおり&ピンク・マルティーニ
 Young and Beautiful 手嶌葵

《メッセージ》
Y♡SEコンに初めて出演をさせて頂きます!クラシックから邦楽まで、様々な楽曲を使い45分間のダンスをお送りします。
普段ダンスを観ない方も、今回はどこかで聴いたことがある!という曲ばかりで踊りますので、是非気軽にお越しください。
是非この日は一日、様々な音楽を楽しんで貰えたら嬉しいです。

《プロフィール》
「STREET JAZZ」でも舞台がしたい。
その気持ちだけでコレオグラファー瑞希を中心に[Dance Company JAZZcolle.]として集結。
JAZZが持つ普遍的な美しさとSTREET DANCEが持つ自由さ。
さらにメンバーの一途なJAZZへの愛を舞台に詰め込みます。